るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【鳥】あれ?これがマリッジブルー的なあれ?

time 2016/05/19

【鳥】あれ?これがマリッジブルー的なあれ?

アカビタイムジオウムを予約して、今日で2週間。

今更ながら本当に良かったの?という罪悪感というか、不安が来ています。
いやー白色オウムの中では安いとはいえ、本体価格25万ですからねー。

1か月分のお給料とさほど変わらないわけですよ。はい。

前のエントリーでも書きましたが、私は日々の生活においてはあまりお金を使わず、
どかん!と使うタイプですが、桁が桁だけでに、本当にいいのかなぁという気持ちでいっぱいです。

だって、普通に考えたら、負担増えるだけですもんね。基本的に世話するのは私ですが、
維持費はかかるし、旅行(まぁもともと先住がいますが)も行きにくくなるし、癒し、という物以外は
何らメリットないわけですよね。妻は私ほど生き物が好き、というわけではないので、完全に
アカビタイについては私のわがままです。

それを妻に頭が上がりませんよほんと。

あ、同じアカビタイといえば!!

富士宮市にあります、ペアリーさんのアカビタイが売れていました!!アイキャッチの子ですね。
毛引きがあってちょっと心配していましたが、良い縁があってよかったです。
ということは、意外と近場にアカビタイ飼い主がいるとな?お友達になれるかな?

しかし、白色オウム、というか大型オウムに関する記事ってネットを探してもあまり出てきませんよねぇ。

・ ランニングコストがどれぐらいかかるのか
・ 飼う上でどれぐらい大変なのか
→ 鳴き声、という部分はよく聞きますが、かじり対策も必須のはずです。
ケーブル類に限らず、対人も含めてですね。このようなノウハウはあまり出てきていません
※アカビタイは比較的噛む力は弱いみたいですが、何との比較ですか?w

アカビタイは白色の中では雄叫びが少ない、白色の中では小柄→噛む力も比較的弱め、等
とかいろいろな断片を集めて、アカビタイがベスト、という解にたどり着きましたが、情報が不足している感はやっぱりあります。

マイナビでタイハクオウムとの暮らしを4コマで掲載しているいたずらオウムさんは、

「噛まれる前提」の生活をされています。如何にに噛まれないようにするか、噛まれた場合に被害をどうやって減らすか、という「犬飼」にしたら明らかに?というスタイルです。
でも、鳥さんはそれが当たり前なんですよね。

家のセキセイズ、オカメも噛むのがお仕事です。まぁ基本的には全部甘噛みですが、オカメは興奮しているとちょっと痛いぐらいに噛みます。アカビタイもきっと同じ。ちょっと痛いが、かなり痛いに変わるだけ、と考えています。

このあたりは、もう実際に体験して軌道修正するしかないですが、もうちょっとノウハウチックなものがあるとうれしいですよねぇ。

できれば、私自身がこのあたりの情報を発信できるように頑張っていこう。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索