るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【アカビタイムジオウム】確定したイニシャルコストを掲載してみよう

time 2016/07/10

【アカビタイムジオウム】確定したイニシャルコストを掲載してみよう

白色オウムを迎えるに当たり、どれぐらいのイニシャルコストがかかるのか、
というところが気になる方々も多いと思います。

そんなわけでして、節約志向の葉月家に置きまして、どれぐらいのイニシャルコストがかかったのか、
というところを赤裸々に語ってみたいと思います。

sponsored link

占めて・・・29万3千円!! 30万以下に抑えられたぜ。

おーいえ、たぶん、ほかの家の方々に比べたらだいぶお安い方だと思う。
アクリルケージとかは用意していないですし、基本的な用品はすでに持っていたりしますので。

20万は自分のへそくり+太陽光の売電で賄ったので、
10万弱ぐらいが共用の口座からの出金となります。

まぁ、先月70時間ぐらい残業しているし、今月も同等以上の残業が発生することは目に見えているので、
10万ぐらい簡単にリカバリーできるでしょう。(といえるのが悲しい)

2ヶ月の残業代だけで30万ぐらい行きそうだよ・・・・。それよりもちゃんとしたお休みがほしいよ。
まぁ、ちゃんと残業代が出るだけましなのかもしれませんが……。

そんなわけで、

葉月家においては、生体代以外のイニシャルコストは5万以下に抑えられた、

という結果となりました。

遊び場とかをDIYしているので、その分のアドバンテージがでかい感じですね。
あとは本体をお迎えした後に、おもちゃを見つくろうのと、ハーネスを用意するぐらいかなー。当面は。

しかし、5年前ぐらいなら、アカビタイクラスならもう5万ぐらいお安くお求めできたんですよねぇ。
ロロスさんも去年までは生体基本価格20万でしたし。年々お値段が上がって行ってしまっていますね。

ヨウムさんもサイテス1種になる可能性もあり、お値段が跳ね上がりそうな感じですし……。
でもあれですよ?
前のエントリで書きましたが、鳥さんの寿命は大変長く、アカビタイクラスでも35年ぐらい平気で生きるそうで、
英語のサイトを見たら、大体50年ぐらい生きるよってありました。

うちらの寿命持つかなぁ。35年基準で考えて、70歳なら妻と私どちらかは生きてるよね、という話をしていましたが、
85歳までいくと、両方ともいないかもなぁw

35年を基準としましても、年あたりのコストは1万円以下!!実はそれほどお高くないんですよね。

これから長くお付き合いする子!!長生きしてくれよー。

まずは、PBFDなどの致命的な病気とならないことを切に願いつつ、お迎えをまちますぞー。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索