るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【雑記】第二子の就学時のランドセル、机ってどうするのが一般的?

time 2016/08/05

【雑記】第二子の就学時のランドセル、机ってどうするのが一般的?

知ってるかい?毒親に育てられた子供は毒子なんだぜ?
のっけから「毒親」という言葉を使ってしまっていますが、少なからずどの家にもその傾向はあると思います。

http://hutoukou2ch.web.fc2.com/control02.html

上記をやってみたところ、私は、33項目マッチしました。
伝えられていることを考えると、妻はきっと私より項目数は増えると思う。

次の65項目のうち、もしあなたが22項目以上マッチすれば・・・とありますが、余裕で超えてますな!!はっはっは。

んでもって、原因はあれこれあるのですが、私は自分の実家からは「恨まれてる」わけです。表だって出さないですけどもね。

sponsored link

でも、やっぱり、それは出てしまうわけで

ぽろっと言葉の節々に出てくるわけですよ。本人は無自覚でしょうけども。
年に2~3度顔を合わせるぐらいですけども、そのたびに抉られて、正直なところ、こちらもつらいですわ。

例:
初節句で撮った写真を持っていったらいらないといわれる。(まぁサイズが大きかったのもありますが)
「私の血が流れているのは嫌でしょうけども」とか言われる

まぁ、私にとっての致命的なのは、もう7年ぐらい前かな。初孫の時、16時ぐらいだったかな。
もうすぐご飯だなーって時間に、母が娘にウェハース(おやつ)を渡そうとしていたのですね。

私は、もうすぐご飯で食べなくなっちゃうから、と、伝えたら
母は「持たすだけだから」とかいうわけですよ。

で、娘はそのウェハースを握って遊んでしまうわけですな。

私は「食べ物で遊ぶな」と言われてきましたので、そーいうのは許せないわけです。
遊ぶなら」と言って取り上げてしまえば、娘は泣き叫ぶわけですな。

んで、それを見た私の母は、切れながら次の一言

ウェハース程度も自由にあげられないなら、もう連れてくるな!!

その瞬間私の気持ちは氷点下ですよ。もう分かり合えんなって。全部あなたの教育を守っているだけなんですけど?

まぁ、バックボーンを掘り返せば、以下の通りです

・ 気難しい息子、懐かない嫁が近くにいる状況でストレスもたまる
・ ロクに孫の顔も見れない、触れ合えない
・ 私が子供を触ろうとすると、後ろで嫁さんがすごい心配そうな顔をする
・ めったに来ないチャンスで、プレゼントしようとしたら取り上げて孫を泣かせる
→ 頭きた

まぁわからんでもない。でも、「初子」で試行錯誤して頑張ってる我々の気持ちは?ってはなしです。
母が言っていましたが、

・ 私が子供を触ろうとすると、後ろで嫁さんがすごい心配そうな顔をする

我々の言い分はこうなる

「25年前と今の常識が大きく変わっている状況で、見ていないと心配」

こちらからしてみれば、「昔の常識」を出されると困るんだよ!!という話で。正直お互い様です。
特に妻からしてみれば、周りに誰も味方がいない状況ですから、「娘」を守らないといけないわけですからね。
また、気難しい息子というが、分かり合おうと対談しようとしても全部拒否したのはそっちだろうと。

一度メールで文句言われた際に、「自分で連れてくるなっていっただろ」、と返してみたら、
本人は何にも覚えていませんでした。それどころか、お前が悪いんだろ、と帰ってきましたよ。

私は「言葉には気をつけろ」と言われて育ちましたから、それは充実に守りますよ。ええ。
なので、正式に、「あの言い方はなかった」といわれるまでは守ろうと思ってます。

とはいえ、祖母や、父がいる手前、完全に没交渉というわけにはいかないので、
年に2~3度ぐらいは顔を合わせますが、その際に(さりげなく)毎回毎回攻撃されるのが正直きつい。

なぜこんなことをつらつらと書いているかといいますと、来年、長男が小学生なんですな。
長女の時は、妻実家にランドセル、私の実家に机を支援していただきました。その節はありがとうございます。
で、今年はどうすんの?という話ですが、正直、もめごとの材料にしかならないと思ってしまうぐらい、私の心が荒んでいるわけです。

そんなこんなで、妻とは、自分たちで用意するか―というお話をしておる今日この頃です。
第一子は初孫ということもあって支援をいただきましたが、第二子以降は自分で何とかしろ、ですよね。

多少人から恨まれようが、我が家族が平穏に暮らせることを優先に動いていきますぞ。
家で他人の愚痴を子供に聞かせたくないですしな!!

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

未分類

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索