るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【せどり】商品仕入れをするかどうかの判断【ノウハウ共有】

time 2016/02/04

【せどり】商品仕入れをするかどうかの判断【ノウハウ共有】

せどりノウハウその1

※妻からの伝聞であります!!!!

さてさて、本日はせどりをやるうえで仕入るか見送るかをどう判断するかのお勉強です。

sponsored link

■前提

たとえば、定価 5,000円の限定品が、Amazonにて、7,500円で売られています。
今、ヤフオクでうまく落とせば4,000円で落とせるかもしれない。

この商品が売れたとしたときの利益は大体こんなもんですね
7,500 ×(0.75)- 4,000 = 1,625円

利益率で言ったら23%と、なかなかなもんですね。

ではでは、この商品をあなたは仕入れるかどうか、どう判断しますか?

ちょっと勿体ぶりたいので、スペースをあけますよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■答え

まず、確認しなければいけないのは、大きく分けて2つとのこと。

■ 1つ目は、売り上げの遷移を確認すること。
(このやり方、よく知らないので、今度記事にしますね)
つまり、7,500 円が適正価格なのか、ということですよね。
Amazonであれば、数か月単位で価格変動のグラフを見れます。
その表を確認し、7,500円という数字が妥当であるかどうか判断する必要があります。

■ 2つ目は、競合数がどれだけあるか
7,500円で売られていても、競合が20店舗あったら、売れるまでどれだけ時間がかかるか
という話です。売れるまで3か月かかる可能性があり、
その間に値崩れするというリスクもあります。

つまり、需要と供給のバランスを見越して、仕入れをするかどうか決めなければ
売れない在庫ばかりが残ってしまうという事態になるわけですね。

仕入れも奥が深い。すぐ飛びつく前に、売れるかどうか、熟考しましょう!!

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索