るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【コラム】第6回:一人だけど一人じゃない

time 2016/09/10

【コラム】第6回:一人だけど一人じゃない

まとめはこちらから

一人暮らしを始めた自分。複数のペットを飼った。結論から言えば以下を飼った。

・ ロボロフスキーハムスター
・ シマリス(子供から)
・ フクロモモンガ

それぞれの魅力、悪いところをここで語ろう

sponsored link

ロボロフスキーハムスター

be79fc3b2ca1c50a3ab0c2564994699b_s

2等身ハムスター。ドワーフの中でも非常に小柄で、まさに歩くぬいぐるみである。正直、かわいさでいえばこれに勝る種は私は知らない。動きは小柄ながら機敏で、おっとりしたジャンガリアンに比べたら、本当に見ていて飽きない。
その分落ち着きがないため、手に乗ったと思ったら飛び降りたりと忙しく、あまり触れ合いを求める種ではないかもしれない。

ロボロフスキーの真価は多頭飼いであるとおもう。3~4匹いるともう最高である。Sサイズ卵の固体が団子になっている様子といったら、確実に表情筋が仕事を放棄するレベルである。デメリットといったら、まぁ寿命の短さ、ぐらいか。

シマリス

a906c787927466e55bd088cbf56e20ef_s

さて、こちらは小さい時から育てれば、べた慣れの固体になることが比較的多い。この子は手の上で寝てくれるぐらいに懐いた。ハムスターに比べて、3次元的な動きをする。
基本的な食事はハムスターと同じでよいが、放牧するとどこにいるか分かりづらかったりするので,事故が起きないようにする必要がある。しかし、シマリスの最大のデメリットはタイガー化といえよう。冬場は冬眠をするが、冬眠といっても、常に寝ているわけではなく、たまに起きて食事をとる。しかし、この時期、シマリスは大層凶暴化する。縞模様を持った体を以て、「タイガー」とリス飼いは呼ぶ。普段は噛むことがまずない子であるが、この時期は全く別である。噛みつく、ではなく、食らいついて首を振るレベルである。シマリスを飼う場合は、この最大のデメリットを認識してからかうべきである。最近はシマリス事態をペットショップで見ないが、ペットショップもペットショップであり、このようなデメリットをまず説明しないのである。この子は3歳ぐらいで悪性腫瘍ができ、亡くなってしまった。

フクロモモンガ

8144b9a7b5c303047bf11999858f2d64_s

正確には自分で飼ったわけではなく、1年ぐらい預かっていたのだが、まぁ飼ったことにしよう。
クリンクリンのお目目に、2mぐらいは平気で飛ぶ。意外と、臆病で慣れるまで時間はかかる。私は触れるようになるまで半年かかった。かなり忍耐が要る子である。

そして、意外と困るのが糞尿である。彼らはところ構わずするが、ハムやリスと比べて匂いがきつい。木目などにされると結構こまるので、注意されたし。

さらに、暑さ寒さに弱い。隙間風あふれる我がアパートは、冬場はとても寒い。仕方がないので、日中もハロゲンヒータを入れっぱなしで学校へ行っていたものだ。電気代が高かった。夏場は夏場で暑い!!しかもエアコンがない!!
除湿型のクーラーをふすま型のドアに設置し、隙間を段ボールで埋めてペットルームだけは温度を維持した。

人よりもペットに依存していた生活を送っていたといえよう

そんなこんなで、一般的な大学生、といえば、サークル云々、などの俗にいう青春というようなイベントがあるようだが、
高専の専攻科という私にはそんなもんはなかった。研究に明け暮れる日々である。そもそも、高専の学科は40名のみ、なおかつそれが5年。プラスアルファで2年専攻科いったところで10名とかそのレベルである。サークルなぞねぇよ!!あ、部活はあったね。私はなぜか柔道と弓道やってたな!!そんなわけで、高専という閉じた世界においては、人の脈を広げるよりもペットの脈広げる方が簡単で手間がかからなかった。週末、学友と遊ぶより、ペットと一緒のほうが楽であった。さらに言えば、私は「酒」を一切飲まない。もともとアルコールに耐性がないのもあるが、何より、酒に酔いイメージがない。酔っぱらってわけわからんこと言って、翌日覚えてない、等百害あって一利なし、と私は思っているため、今でも一口も飲まない。そのため、イベントなども敬遠していた。ペットいるしね!!!

「家に帰ればペットがいるしね」と、完全に婚期を逃しそうなセリフを素で言っていた20歳ぐらいの自分がいた。

それぐらい、私にとってペットがいること、が当たり前になっていたし、当然であった。

しかし、さすがにアパートの一人暮らしの自分には、犬や猫などを飼うことはできず、いわゆる小動物を飼うことで我慢していた日々が続いていた。しかし、ある生き物を見つけてしまったことで、また新たな一歩を踏み出すこととなった。

 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索