るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【コラム】第7回:出会ったアイツは狸みたいでウナギみたいで・・・

time 2016/09/17

【コラム】第7回:出会ったアイツは狸みたいでウナギみたいで・・・

コラムまとめはこちらから

現実的に飼える小動物とともに日々を重ねていたが、私には不満があった。ぬくもりが足りないのである。物理的な暖かさではなく、精神的な暖かさが足りていなかった。

sponsored link

全身で信頼しあう関係であり、ある程度意思疎通ができること

私が真にペットに求めていたものは、上記のことであり、ハムスターやリスは、信頼はしているかもしれないが、あくまで「そこに世話してくれる人がいる」レベルであり、「意思疎通」という意味ではやっぱり一方通行に近い。もともと犬飼であり、
あまり推奨されることではなかったかもしれないが、一緒の布団で寝るような触れ合いを体験していた私は、手に乗せるだけ、のようなペットでは正直物足りなかった。

一度ウサギも候補に挙げたが、ケーブル類をかじってしまうリスクが高いということで、PC類が多い私の部屋にはそぐわないという判断をしていたりする。

bfda43ac11d0e713ca5f399d2b647060_s

意外と、飼える飼えないはかなり慎重に判断しているのである。

しかし奴に出会ってしまった

当時は働き出してから半年ぐらいか。私は大学院進学を直前でやめ、就職に切り替えた。22歳のころなので、もう13年ぐらい前なのか。時が経つのは早いものである。その頃には、部屋にハムスターしかおらず、少しさびしい思いをしていたのであるが、サントムーンというショッピングセンターにて、何やら変な生き物を見つけてしまったのである。

・真ん丸な耳
・真ん丸なくりっとした黒目
・狸柄のお顔
・ちょっと細長い体

実は、その時に見たのが初めてだったのかもしれない。まだまだ子供(ふやかしたフードを食べるレベル)の彼に、私は一目ぼれしてしまったのである。しかし、一度家に帰って徹底的に飼い方を調べるぐらいの冷静さは持ち合わせていた自分をほめたい。2日後には予約していた自分は褒められないが……。

彼は真(ジュン)君と名付けられた

おっと。名前を先に出してしまったが、「何」かを言っていなかった。彼は「カナディアンフェレット(セーブル)」であった。

b09a3a4c189e200d3b09e1dfa372033c_s

みよ、このプリティなお顔を。顔の可愛さだけでいえばなかなかのものである。上記はお借りした写真であるが、赤ちゃんのフェレットの破壊力はすごいものである。
※意外と病気になりやすい子であるので、飼うのであればちゃんと調べてからをお勧めする。

またうんちくとなるが、フェレットはファームによっていくつかの特色がある。

・ マーシャルフェレット
・ バスパレーフェレット
・ カナディアンフェレット

などなど、いろいろなフェレットがいるが、カナディアンフェレットは、やや大柄となる骨太のフェレットさんである。
セーブルとは模様のことであり、オーソドックスなフェレットカラーを指す。

自身としては初めての離乳のお世話

楽しかった。離乳食自体は、ブリーディングをしていた親の姿を見ていたため、全然抵抗がないが、「自分がすべてやる」のは初めてであった。フェレットはあまり鳴かない種であるが、幼少のころは、寂しいと鳴くのである。「ブェブェ」という感じで。自分が呼ばれている、と思えると、なんかこう、たまらない気持になった。
一方、実子がなくと、おいおいいい加減にしろよ……。となるのはなぜなんだ?この違いはなぜなんだ?

べた慣れとはこういうものか

ジュン君は、噛み癖も全くなく、家具もかじることもなく、トイレも必ず決められた場所でしてくれるというパーフェクトな子であった。寝るときは私の布団にもぐりこんできて一緒に寝てくれた。放牧中も、眠くなれば私の膝に這い上がってきて、丸まって寝てくれた。フェレットは眠りが深い、というが、寝ているときに口をこじ開けても起きないなど、完全に私に対して信頼を寄せてくれていたと思う。放牧をすると、クククと嬉しそうに飛び跳ねながらジャレついてきて、くねくねダンスをしてくれたことが鮮明に思い出せる。22歳にして、私は自分が求める「ペット」の解の一つにたどり着いたのだ。

f68781796a4e6ef1c0f6b77e70711cd4_s

まぁ、悪いところといえば、フェレットはもともと洞穴のような場所で生活をする子である。布団にもぐりこむのはよいが、ジャージのズボンにもぐりこんできて、バリバリひっかく(本人は穴掘ってるつもり)のだけは痛かった……。

噛み癖、というワードを出したが、フェレットは意外と噛み癖が強い子である。私はペットショップにフェレットがいると、必ず指を差し出す。大体3匹に1匹ぐらいは、盛大に噛みついてくる(もちろん出血する)。もう一匹は徐々に強く噛んでくる。1匹はペロペロ舐めてくる。ぐらいの塩梅である。噛み癖は矯正できるが、肉食獣であるフェレットの牙はバカにできない痛さであるため、飼うときには噛み癖の有無をちゃんと調べることをお勧めする。

さてさて、日々忙しく仕事をし、充実していた日々を送ってはいたのだが、いい大人である。いろいろ考えなければいけない状況にもなる。そう。恋愛に結婚。その他もろもろである。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索