るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【子育て】サンタさんはいつまで我が家に来るのか

time 2016/11/30

【子育て】サンタさんはいつまで我が家に来るのか

……真剣にやなんでしまった。なぜなら、家は3子おり、

長女 9歳
長男 5歳
次女 1歳

である。普通に考えれば、長女はそろそろ真相に気が付いてもいい頃な気がする。
でもですよ?来年から長女だけにはサンタさんが来ない、なんて暴挙、許されるのだろうか?
とかいろいろ考えてしまったわけですよ。

bffa39e466e7538578240151453e5590_s

sponsored link

自分が子供のころ、いつまでサンタさん来たのか

私は、どうやって卒業したのか、とおぼろげながらに思い出そうとしてみると
兄に、「親にお礼言ったのか」とか言われて、サンタさん=親であることを確信したような気がする。
そしてその場で親に俺を言った翌年以降、サンタさんが来なくなったというなんかこう、心温まらないエピソードしかない。

しかし、毎年、お願いしたもの以外のものが来たような気がするなぁ。
最後のサンタさんは、なんかスロットマシンだったような記憶がある。

……そう考えると、今の子供って、スマホとかでネット使えますから、「サンタ 本当は」 とか検索してしまい
意外と早く現実を知ってしまうのかもしれませんねぇ。現実を知ってしまう記事を書いている私が言うのもなんですけども。

我が家では、小学生の間、を提唱する!!

大人に近づく長女と、まだまな子供な長男。そして何も知らない次女。良いバランスを取らなければいけないわけですよね。
ざくっと考えた結果、我が家のような比較的子供が多い家族である場合
サンタさんが来てくれるのは小学生の間だけ。それ以降は、親が何かプレゼントしてあげよう、というような方向性に
舵を切るのがいいのかなぁと思っています。

その目的は、「だんらんを強化すること」である

我が家では、クリスマスというお祝いそのものを今のところ盛大にやるようなことはないのですが、
家族で楽しむ、という名目で、みんなで料理を作ったりするのはありなのかなぁとちょっと思っています。

私の実家では、家族ぐるみで、というような作業があまりなかったと思う。たぶん妻も。
だから、どうしてよいか、どういう表情をしていいのかわからないのですが、それを子供に同じようにしてしまうのも
単なる負の連鎖になってしまいますから、できればそれを変えていきたいと思っています。

その一つの方法として、ヴァイオリンとフルートのデュエットをしようとか思い立っているわけですね。
私の腕のほうが追い付いていなくてあれですけども。

いいんじゃないかな。みんなで料理を作って、クリスマスソングをみんなで演奏する。そんな場があっても。
「私には似合わない」かもしれませんが、「家族が笑ってくれる」のであれば、ピエロにもならぁね。

……とか言いつつ、よくよく考えたら、クリスマスの時、長女長男、妻実家に行ってるんじゃなかったかしら・・・
そんなイベントできないじゃないかorz

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索