るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【雑記】「脱ゆとり」自信深める 文科省・国際学力調査 とあるが学力より大事なことがあるのでは?

time 2016/12/02

【雑記】「脱ゆとり」自信深める 文科省・国際学力調査 とあるが学力より大事なことがあるのでは?

この本質ってさ、ゆとり教育云々以前の問題な気がする
学力向上も大事ですが、それよりも、親の意識づけのほうが大事ではないでしょうか。

前回、このエントリーで書きましたが、長女は片田舎の小学校に通っています。
しかし、2~3人の悪ガキにより、授業進行に弊害が出ているようです。

授業中に折り紙をして、練消しをちぎって投げ、私語を飛ばす子供。
要は、集団行動になじめない子供が少なからずいるわけですよねぇ。

sponsored link

「発達障害」なのか、「放置子」なのか

61304b314d50b59eec2656e18d4a8a22_s

大抵、であるが(先入観が強い部分がありますが)、大体そのような子は、若干小太りで、
服装もややだらしなく、全体的にもっさりとした印象を持つ子供が多い気がする。

さて、問題なのは、なんで一般的にそのような先入観が先行する感じとなるのか、ですが、
「放置子」故に、「我慢をしらない」子供なのか、「発達障害」なのか、それとも
「放置子」ゆえに「発達障害」が色濃く出てしまっているのか、
などといろいろと概念が分かれるところです。しかし、根底として言えることは、
「基本的に親が子供に無関心」であることが、一番の問題なのではないでしょうか

子供にあった接し方を工夫しないといけない

子供の性格を見て、本人の自主性を守りつつ、適切な方向に導く。これが親の役目だと私は思っています。
就学前の期間が、そのための土台作りであり、小学生の間に基礎を作り上げ、
中学生でそれを伸ばし、高校生でそれを確立する。その努力をするべきだと思っています。

しかし、それを怠っている親が少なからずいる、というのが現状であり、
はっきり言ってしまえば「親のゆとり」がひどいと思うんですよね。

人ってさ、問題の原因を自分以外に求める

そりゃ、楽ですもん。

自分は忙しいから。
見てる余裕ないから。
他にやりたいことあるし。

そうやって放置した子供が、自分の言うことを聞かなくなったら、
「可愛くないし」と、最低限のことしかしなくなる。

要は、楽な方に逃げたいんですよね。問題の本質を他に押し付けて、臭いものに蓋をして、
見ないふりをする。そして、「自分は悪くない」と思い込もうとする。
その結果、被害を受けるのは誰なんだ、ということですよね。

核家族が進んだ弊害か、コミュニティが機能していないんだよな

「目先の苦労」から逃げようとする心理が働いてしまうのは人間の性であると思う。
誰だって、できる限り苦労したくないですもん。しかし、それを時には叱咤し、時には包み込み
サポートしていく。それが祖父母の役目であったと思う。

しかし、最近は「良くも悪くも」子世代が強いわけで、核家族も進んでいる中、
祖父母は孫を甘やかすだけ、みたいな存在に成り下がっており、親の至らない点を指摘するようなことができない
風潮だと思う。下手にやってしまえば「じゃぁ子供つれてこないから」になるわけで……。
そんな子供に迎合してしまった祖父母は、家族ぐるみのモンスターペアレントと化すわけで……。

「手におえないから」放置する。その結果周りに悪影響がでる

ce9abf74b251aa434f0a559c168f4b6c_s

「放置」を始めるきっかけはいろいろあるでしょう。夜泣きがひどいから放置しはじめた、等。
でも、「なんで手におえないのか」をきちんと考えようとしないのはなぜなのか。
なぜ「ある程度コントロールできるように」するほうが将来的に[楽]になると思わないのか。

この世は、多かれ少なかれギブアンドテイクで動いています。多少の投資をしておかなければ、
将来苦労するのは自分です。なら、多少苦労しとこうよ。と私は言いたい。

とか、いろいろ書いていますが、このような啓発文を書いたところで、見てくださる方々は、
「我々サイド」の「なんとかしよう」と足掻いている人たちなんですよね。
「放置子の親」はそんなことを気にしないから「放置子の親」なんですよね。

意識づけの重要さを最後に説いてみる

これは妻が悪い、というつもりは全くなく、基本的に多くの人がそうであろう、という理由から、
ちょっとだけ、例題として述べさせていただきます。

 

さて、我が家はペット王国ではありますが、私は妻が主体で買ったペットも、かならずスキンシップを取り、
自分に慣らす、ということを怠りません。なぜなら、妻がいない場合でも世話ができるように、
日々のケアをできるように、という先行投資をしているためです。

まぁ、ペット好きという部分も大きいのですけどもねw
その結果、フェレットやウサギ、セキセイインコたちはすっかり私に慣れてくれています。

ですが、妻は基本的に、ペットに対する接しは「最低限」なのです。
要は、ある意味ペットは「鑑賞用」に近いのかもしれません。

そこで問題となるのが、我が家のアカビタイムジオウムのライちゃん。
これは私のわがままで買った子ではあります。

DSC02715
そして、オンリーワン(特定の人だけに依存)かつ呼び鳴き(飼い主求めて叫ぶ)大王です。

で、呼び鳴きされると、妻が「うるさいなぁ」と吐き捨てながらネガティブオーラを出すことが増えたわけですよ。
でも、無作為に呼び鳴きするわけではなく、大抵20時前後(私の帰宅しがちな時間)だったり、休日、
私が2階に移動したりして姿が見えないときに鳴く、というようなルールがあります。
まぁ確かに、はっきり言ってうるさい。呼び鳴きされるとテレビの音が聞こえにくいレベルですし。

しかし、これって、上記で述べた放置子のモデルケースと合致するなぁと思ったのです。

・ 「アカビタイムジオウム」に構わない
・ 「アカビタイムジオウム」が(泣き)叫ぶ
・ 「アカビタイムジオウム」が可愛いと思えなくなる
・ 「アカビタイムジオウム」に対する風当たりがきつくなる

これを「子供」に置き換えたら?いかがでしょうか。

うむ。「なぜ鳴くのか」「鳴かないようにするにはどうするのか」「どこまで自分が努力するべきなのか」
そこを考えて行動しないといけないわけですね。

今回のライちゃんのケースでいえば、できる限りオンリーワンを改善して、私がいなくても
良いように仕向けて行く。つまり、もっとライちゃんと接すればいい、というシンプルな解ではあります。
(とはいえ、既にオンリーワン状態ですので、私以外が触るのは嫌がるわけで、課題は山積みなのですが、
それも、これまでの先行投資がなかったから、ともいえるわけですね)

逆に、ある程度の迎合、適応をしてもらわないと、私は近い将来、ライちゃんを手放す、というカードも切らざるを得ないかもしれません。言い方は悪いですが、「鳥」よりも「夫婦」のほうが大事ですから。

と、いうようなことを、少し前に妻と話しました。
このような話をするまでは、妻は「うるさい」「呼び鳴きを何とかしてもらいたい」という方に意識が向いてしまっており、
「自分に何ができるか」「どうするべきなのか」まで、目がいかないわけですよ。どうしても。

私だって同じかもしれません。はっきり言って今の仕事に対して不満を抱えています。
自分ではそれを解消するためにいろいろ動いているつもりです。
でも、他の人から見れば、動きが足りないのかもしれません。
直接社長のとこ行けよ、とか、そもそも今の会社にいる意味は?とかある意味正論をぶつけられるかもしれません。

自分では精いっぱいやっているつもりでも、方向性が間違っているかもしれないし、足りていないのかもしれません。
そーいう部分を気づかせ、導かせる機会、というのが、今の世の中足りなすぎるんじゃないかなぁと思う次第であります。

そんなわけで、世の中の教育が云々、学校が云々。そんなことを言う前に、
「自分の家族」というコミュニティがきちんと機能しているのか、そこを考えることが重要なんじゃないかなぁとつれづれと
書かせていただきます。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索