るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【フェレット】虹の橋を渡りました

time 2016/12/05

【フェレット】虹の橋を渡りました

2016年12月03日夕方、アルビノフェレットのハクさんが虹の橋をわたりました。

dsc00085

最後を看取ることはできませんでした。定期的にケージを覗きこんでいましたが、
その時には、という感じでした。まるで眠るように穏やかな表情であることが多少の救いでしょうか。

sponsored link

4歳半ぐらいという比較的若いお別れでした。

dsc03226

フェレットは平均でいえば、6~8歳ぐらいです。それから見れば、やや早いです。
とはいえ、フェレットは4歳ぐらいから一気に病気が増えるので、仕方がないのかもしれません。
うちの子は、直接的な原因は、フェレットによくあるインスリノーマでしたが、
一気に進行してしまったケースです……

ハクさんとの出会い

家にお迎えしたのは、2013年7月末日です。今はもう、小動物は扱っていませんが、
富士市のイオンモールにあるペットショップにて、妻が一目ぼれしたのがハクさんでした。

735567_355614687904445_592536974_o

その時点で1歳ぐらいの大きさになっていた子ではありますが、
アルビノのきれいな目をした、真っ白の子。それが彼でした。

1186264_355700854562495_1778314085_n

それまであまり人に触れられてこなかったためか、若干強く噛む癖があり、
人にべったりという子ではありませんでした。

ですが、気長に接することで、冬場の寒いときであれば膝の上で寝てくれるまでにはなりました
(積極的に寝に来るわけではなく、寝てるところを膝の上に乗せる、でしたがw)

1383238_381433118655935_707530670_n

お風呂にいれたり

DSC01756_result

遊んでみたり

DSC02147

私が欠かさず毎日1時間は放牧させて続けてきました。ケーブル類もかじることなく、誤飲することもなく
とても良い子でした。私のパソコンデスクの下が宝物置場で、良くぬいぐるみ類を咥えてもぐりこんでいました。

最近は長女が朝世話をしてくれて、徐々に生き物に対する責任、というところを育んできておりましたので、
ある意味、一番ショックなのは長女なのかもしれません。(私はある意味別れには慣れていますので……)

あの尻尾からかおるブドウのような香り
お腹から漂うイタチ臭
細長くやわらかい体

これがもういないとなるのは、やはりさびしいですね。
一緒に居れたのは、3年半と短かったですが、虹の橋の向こうで待っていてね。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索