るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【練習記録】根本見直しはストレスになるなぁ

time 2017/03/13

【練習記録】根本見直しはストレスになるなぁ

一朝一夕では治らないこの基礎部分。当分は地獄というか、
「つらい」だけの時期だと思う。次のレッスンは4月1日。三週間後である。

それまでに、以下の事項を修正するつもりで練習を開始

sponsored link

Lv1.同一弦において、次に使う音も先に確保するようにする

もし、E B C(ミ レ ド)のように抑える譜面の場合、ミを抑える時点で、
指の形はすでに、レとドを抑えておくべきである。ということである。
そうすれば、指を離すだけで良いのです。


これまでは私は1.「指を離しながら」2.「次の音を押す」という2アクションであったが、
これで1アクション減らせるわけで、左手に余裕が出るというわけである。
こうすることで、なおかつ同じ手の形をキープできる=音が乱れにくいというおまけつき。

これだけなら、まぁさほど大変ではない。高い音を抑えるときに、低い音も同時に押させておくだけで
良いのだから。とか言いつつ、E D C B A のようなスラーの場合、すべて抑えるのが意外とうまくいっていない。
指を離すときになんか情けない音が出てる。たぶん抑える力が弱いか手の形が変なのである。

Lv2.移弦先の音も先に確保しておく

さて、ここからが問題の個所である。指のトンネルをきちんと作って置かないといけない世界に突入する。
意識することは、「左手を先に音を作っておく」ことであり、弓より先に弦をおさえておかなければならない。

つまり、ザイツでいえば、

・A線のD(3の指)
・E線のG(2の指)〇
・A線のB (1の指)〇
・A線のB (3の指)
・A線のB (3の指)
・A線のB (2の指)〇
・A線のB (2の指を少し鳴らして4の指)

上記の〇の部分は「先に指を置いて」おくとベターな部分である。
同様に、
・ E線のF#(1の指)4拍
・ A線のD (3の指)1拍
・ A線のB (1の指)1拍

この部分は、E線を鳴らしている間に、
A線の3の音を抑えておきつつ、、
A線のDを鳴らしている間に、A線のBの音を抑える、か
E線とA線の1の音を同時押ししながら、
A線の3の音を抑えて置く、という指使いにしておけば左手をほとんど動かす必要がないわけですね。
ただし、この場合は、きちんと指をトンネルを作っておかないと、きれいな音が出ないですよね。

そんなわけで、目的は「きれいな音」

とりあえず、現在が最優先で直すべきは、「弓と同時」ではなく、「指を先に」です。
これができない限りはいつまでたってもきれいな音にはならなそうなので、大げさでも良いので、
おさえてから音を出す、を徹底して練習してみよう。

3週間もあるんだ。「曲を弾く」のではなく、「綺麗な音を出す」ための練習に特化して、
まずは地盤を固めよう。そうしないと、結果的に「音を出しているだけ」に聞こえてしまうのだろう。

という、「一度ついた癖を壊す」という、苦行を行わなければいけないが、実際、これ、先生によって大きく方針が変わる部分であり、
先生が変わってから、初めて言われた、というような人も意外と多いらしい。
だけど、私の先生は、きれいな音にこだわる系の人のようであり、「大人から始めた人はきれいな音が出せない」
部分に対して、ある程度反抗できるのかもしれない。要は、今私がやろうとしていることを「やるかやらないか」
だけなんだろう。

「左手の形を一定に」
「音を先に取っておく」

言われてみれば当たり前であるが、その当たり前ができないから「音が汚い」わけである。
ならば、そこを意識すれば、だいぶ変わるはず。1言われたことから10を探る。
それが大人ができる唯一のアドバンテージであると思う。

だから、「基本の基本」に立ち返り、まずは、三週間。この3週間で習慣を変えてみせるぜと。

まぁそれよりも、人前だと譜面を見ても頭に入らなくなるこのテンパりも直さないといけないのだけども……。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索