るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【レイトヴァイオリン】さて、私の目標をどことするか?

time 2017/03/16

【レイトヴァイオリン】さて、私の目標をどことするか?

独学から手習いへと変えてみて、「上手に弾くための」基礎、を鍛えなおし始めている私でありますが、
実は、私自身何を目標とするかが現時点で見えていないのです。

sponsored link

先生が重要視することは以下と判断

1.正しい姿勢を身に着けること
2.正しいボウイングをすること(圧、ライン)
3.正しい左手(4の形)を作り上げること
4.  正しいテンポで弾くこと。(きちんと頭で拍を数えること)

つまり、私が気にしていた、スラースタッカートやらなにやらの技法というのは、
上記の1~4ができていて初めて為し得るものであるということであり、スタッカートができていても、
左手の形がボロボロなら音も安定しない、ということがよくわかった。

事実、45分レッスンであるが、30分は基礎に当てる感じであるし、初めの15分は音だしで終わるこの現状。
まぁ、バイオリンの練習というのはかくあるようで、

1.まずは解放弦で音だしをして、チューニング(初めの15分でやっていること)
2.音階練習とボウイングチェック(デタシュなど、複数パターンで)
3.そして曲練習

というプロセスを家でもやれということなんでしょうな。

教本としては鈴木の4巻を使おうとしています

しかし、譜読みもできるし、音も追える(先生の前だとテンパってひどいことになるのは置いておいて)
レベルの譜面ではあるのですが(2番3楽章は1stのみですし)、私の場合、まず上記の1~4を治すほうが上達において
一番の近道なのです。

治しを意識しながらザイツ練習していますが・・・・・・。
幸い、複雑な移弦が少ないので、何とかなるレベルです。とはいえ、

0. 慢性的に練習するのではなく、拍を意識しながら
1.ボウイングを修正しながら
2.左手の形を作り替えながら
3.左手の運用を見直す(先に抑える)

というマルチで成果を出すには、ザイツは少ししんどいのでは?と思い始めています。
うーん。スパルタでもいいのかもしれませんが、なんかこう、自分の立ち位置がよくわからないのですよね。
それなら、鈴木2巻あたりに一度戻って、徹底的に音をきれいにする、
ということをやってもいいのかなぁと思い始めているこの頃です。

しかし、貴重なレッスン時間を鈴木2巻に戻すのもちともったいないと思う今日この頃

ならば、手持ちの[標準]やさしいヴァイオリン曲集を使用しよう

これをこれまで意識していなかった拍、姿勢、ボウイング、左手を意識して弾く時間を、かならず設けるようにしよう。
上記の本。最初は春の小川。D線とA線のみ使う。でも、A線弾いてる途中で、D線を抑えるというアクションを追加するだけで、これまで通り弾けなくなる。あとはきちんとメトロノームを使ってテンポ通りにね。

とか考えて、練習しているときに、

あれ?私はどこを目指しているんだ?

という疑問が出た。いや、ヴァイオリン。もともとは趣味で好き勝手弾いていたあれですけど、
人に聴かせられるところまで持っていきたいな、と欲を出し始めましたが、いったいどこを目指してるんですかね。

1.一人で弾く
2.アマオケ参加(これは時間的制約で厳しい)

今考えられるのは上記2つぐらいなのですが、2はとりあえずないかなと思ってるので、1.で一人で好きに弾く
という領域において、私はどこまで本気でやればいいんだろうと思ってしまった次第です。

ゴールと目的、ですよね。大事なの。どこを目標にどこを目指しているのか、が今自分の中でないのですよね。
いや、ほら、今実は1日2時間ぐらい弾いてるんですよ。その結果、若干手を痛めてしまっておりまして(汗

まぁ、とりあえず、音程をきちんと取れるようにする、以上のタスクはないと思うので、いまはこれだけを意識して練習してみよう。

 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索