るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【お仕事】転職するメリットとリスクを考えてみよう

time 2017/06/14

【お仕事】転職するメリットとリスクを考えてみよう

【雑記】3年半の軌跡を振り返る【そろそろ限界】

このエントリーで書いていますが、現状いろいろ仕事に対して不満を抱えております。
まぁ、地方の片田舎ということを考えれば、年収的には決して低くない。ですが伸びシロがあるかと言われると微妙な感じなんですよねぇ。

しかし、明らかに割に合わない状況ではあります。同じ内容の仕事を東京の企業に勤めれば
年収600万台は狙えると思うのです。ただし、新幹線勤務なんですけどもね!!!

そんなわけで、転職するメリットデメリットを改めて考えてみる

sponsored link

・ 現在の立ち位置

会社規模:50名程度の零細・・・?一応創業20年
ただし、私が入社してから社員数がほとんど変わっていない。社員番号は40番ぐらい増えているんだけど・・・?

→ 社員のケアが下手
→ そもそもまともな応募者が少ない
→ 零細に回ってくる仕事は厳しいものが多い
→ 結果的に、「できるやつ」に仕事が押し付けられる → 割に合わねぇ!!!となる ← イマココ

現主任。次年昇進候補生である。とはいえ、無駄な役職もちも多い現状。
このまま頑張れば主要メンバとなれる可能性が高い。

しかし、会社そのものの存続も少し危ないかな?と踏んでいる。
この問題に対処するため、ソリューション開発(セールスフォースなど)を伸ばせないかと画策していますが
芽が出るかどうかは五分五分、という状況

つまり、「会社がきちんと存続して」「私がもう少し頑張れれば」
36歳で係長か主査の肩書がついて、
40歳ぐらいで課長(か代理)ぐらいの役職が付くんじゃないの?という感じでしょうか。

私が望むこと

なんていうのか、現状は私は火消屋、便利屋として扱われており、それに不満を抱えています。
私はもともと研究開発畑の人間で、プロトタイプ作成や技術調査を軸に、「顧客がやりたいことを見える化」
ということを長くやっていました。なので、基本は顧客の顔が見えないとやる気が出ないのです。
がりがりとただ単に「開発」っていうのは嫌なんです。

もう35歳をこえて、バリバリ前線で開発するのではなく、技術営業やアーキテクト、コンサル的な部分で動きながらマネジメント、折衝を中心に動いていくぐらいにしたいんですよ。じゃないと、「なんかあったらあいつに言えばいいや」じゃ、だれも成長しないんですよ。ほんとに。

現在のアクション

・ 詳細設計以降のフェーズからよろしく、みたいなものは食指が動きませんと明確に伝えている
・ 技術営業やアーキテクト、コンサル的な動きをしたいと伝えている
→ ただし、課金の問題もあり、現状私を間接工数にて養うほど会社に余裕はない
・ ソリューション開発部隊を作りたい(うまくいけばそこを牛耳りたい)というアクションを起こしている
→  うまくいけばソリューション部部長になれるかも?

上記の動きが満たせれば、あまり転職をしなくても個人的にはモチベーションが上がる状態である、

一方転職をするとなると・・・・

基本的に狙うところはそこそこ大きな企業様になるとおもう。今携わっているSFDCを武器にするなら
テラスカイ様とかアクセンチュア様とかが意外とねらい目である。

それか、コンサル系などにも手を伸ばしている会社ですね。
しかし、大企業となると、今みたいにある程度の我を通せるのか、というと、なかなかに難しいかなと思う。

自分の島を作り上げるんだ、ぐらいのつもりで中小企業を育てるんだ!という意気込みで仕事をするのと
大企業で歯車となる、どちらのほうが「後悔」がないのか、かなり悩んでおります。

sponsored link

down

コメントする




ライフハック

せどり・アフィリエイト

技術情報

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索