るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【Violin:レッスン記録】第14回 自信ない気持ちが音に出る【2017/09/23】

time 2017/09/25

【Violin:レッスン記録】第14回 自信ない気持ちが音に出る【2017/09/23】

17日ぐらいに妻と揉めまして、そのあとの日の練習は1日15分のみとか、本当に最低限しか触っていなかった葉月です。
ポジション移動も十全に練習せず、メトロノームを使った弾きこみも一切やらずにレッスンに臨みました。

これまでで初めての状態です。

まぁとりあえず、レッスン概要をば

・ 弓ふり、解放による音だし
・ セヴィシック(教本忘れたため、即席でレドシド)
・ ポジション移動3rd(E線)
・ ザイツ5-1 前回のリベンジ(失敗)

とりあえず弓ふりはまぁ、問題なくいきました。しかしそれからが地獄でした。
まず解放弦の音が安定しない事態に。

sponsored link

地獄のセヴィシック

勝手にかかるチリメンビブラート。特にダウンの元弓時にひどい震え具合。
それを止めようと指に力を入れれば逆効果。ギョリっていう音が響くし、結果として音が安定せず。
この瞬間、あ、今日はもう駄目だ。と絶望に浸ったひと時でした。

ポジション移動3rd(E線)

これももう駄目。右手も左手もふわふわしている感じで、何をどうしているのかわからなく。
音もずれまくるし、もう何やってるかわからなくなるこの状態。

全面的に駄目だし食らうのは初回の時以来ですよ。

ザイツ5-1 前回のリベンジ(失敗)

こっちもまぁ、思った通り。弾いてて辞めたくなるぐらい。

前回、ここのでテンパったのですが、今回もまた盛大にテンパる。そもそも、右手が地についていないので、
音がヘロヘロしているし、焦っているのでテンポアップしてしまうし、落ち着こうと思っても落ち着けず。
この悪魔のスパイラルをどうすればいいのでしょうか一体。

先生からは、今週はフォルテでいいからBPM84で全音をはっきり弾けという指示が。
まぁそりゃそうよね。曲を弾こうとしていない状態でしたから……。

今回は、はっきり言ってレッスンにならなかった回、ということで、正直落ち込んでいます。

もしかしたら、だけれども、自分の中の芯が折れているのかもしれませんねぇ。
妻に言われた一言で、家でも弾くこと自体に少し引け目というか、マイナスイメージを持ってしまっています。

所詮、このまま練習したところで、レイトの私はレイトなりの習熟しか期待できないでしょう。
じゃぁその状態で続けても意味あるんか?というところに到達してしまっているのかもしれません。

合理主義の自分は、天井が見えたらそこでいいや、と思ってしまう人間です。
天井までの過程が楽しければいいので、天井に到達したら、その天井を突き破るほどのコストをかけることは
これまではしてこなかった人間です。

先生には、ちょっと妻と揉めて、ヴァイオリンをやめる可能性もある、と伝えた折、

「やめてほしくない」
「これから面白くなるところ」
「独学の癖は多少あるけれども、素直で教えがいがある方」
「教えればなかなかのレベルしあげてくれる」

と、なかなかにうれしいことはおっしゃってくれているのです。
その気持ちにこたえられるだけのモチベーションを上げなおせるかが、勝負ですね。

sponsored link

down

コメントする




ペット

ライフハック

雑記

技術情報

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索