るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【フルート】結局娘はフルートをやめることになりました

time 2018/03/06

【フルート】結局娘はフルートをやめることになりました

あれ?私がヴァイオリンを独学から切り替えた理由は……?あれぇ……?

【ヴァイオリン】独学がら手習いへ進化させる気が徐々に高まってきた

上記あたりで、なぜ独学から切り替えようかと思ったか、を書いているんですが、
一言で言えば、娘のフルートにくらいついていくため、であったのですが・・・・・・・。

sponsored link

結局練習せずに、あくまでも見守り派であった妻も遂に切れました


いや、まぁ、練習に身が入らない時期があるのはわかりますし、「目標」がなかったら
練習する気にならないのもわかります。
しかし、もともとは「先生になりたい」と言って始めたフルート。本来であれば、毎日数時間でも吹くぐらいの
情熱がなければいけないはずです。

悲しいかな。フルートが床に転がされて放置されていることも多く、そのたびに楽器は大事にしろと言い聞かせ
せめて1日15分でもいいから楽器を触れ、と言われても触らない日も多く(私はできる限り毎日30分は触っています)
結局、コンクールに出るレベルに曲を仕上げられず、発表会でもバリエーションを削って、という状態になっていました。

まぁアレですね。ヴァイオリンにおいては、鈴木4巻が一つの山場、といわれているようで4巻をクリアできずにやめてしまう人も多いらしいです。
(それ以前に1巻で適性がなくてやめてしまう人も多いとか?)

まぁ娘にとっては、先生的には「頑張ればコンクールに出るレベルに持っていける」と判断した「ヴェニスの謝肉祭」こそが
今後フルートを続けるかどうかの境目の曲だったんでしょう。

結果、もとよりなかったフルートに対する情熱が燃え尽きた感があります。
発表会後、「ちょっとペースを落として」「金婚式」をやろう、という話になり、先生曰く、ちゃんとやれば一か月でOKが出る曲とのことでしたが、結果的に2ヶ月かかってもOKがでず、というところで掲題の妻も切れた状況となりました。

私は無償の奉仕はあり得ないと思っています

人間、何かしらのギブアンドテイクなのです。見返りは別にお金でも地位でもなくて、
単に、楽しんでいる表情や、幸せそうな顔、その他もろもろでも十分なのです。

しかし、フルートの送迎等をしているのは多くは妻で、

・ 送迎に対するお礼もない
・ 黙って乗って黙って降りていく
・ そもそも、本人がレッスン日を把握していない
・ なによりやる気が感じられない

という状況で、「もう送りたくねぇ!!」と相成りました。

うん。まぁそうだよね・・・・・・。妻は良く頑張ったと思うよ。

で、まぁ妻がこのままじゃやめさせるよといったのですが

その日からフルート触ってねぇwwww

あ・・・うん。そうですか。あんなに辞めたくないっていっていたに結局そうなんですか・・・・・。
あ、はい……。

中学は卓球部入りたいとか言っているし、結局このまま楽器からフェードアウトかなぁ。
まぁ、趣味というかちょっとした隠し芸程度に吹くぐらいの力は十分ついているから?それはそれでいいんじゃない?
とかちょっと脱力。

娘のフルートの代わりに、妻が月二回サックスに行くようになりましたが、
現状、レッスン時にしか吹かない状況なのに、結構できてしまう妻にジェラスィ。

※妻はピアノ、トロンボーン経験者で、トランペットもある程度吹けるので、私よりは下地がだいぶ上

まぁ、年長から初めて4年。とりあえずはお疲れさまでした。

sponsored link

down

コメントする




ペット

雑記

未分類

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索