るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【Violin:レッスン2年目】第26回 発表会まであと数日【2018/03/17】

time 2018/03/19

【Violin:レッスン2年目】第26回 発表会まであと数日【2018/03/17】

発表会は21日なのですが、「発表順も何も知らない状態」ですこんにちは。
え?いいの?そんなのでいいの?
当日、08時45分までに、楽器店2Fに来てね、と言われたけれども・・・?

会場は沼津キャッスルホテル ラベンダーの間・・・らしい。
楽器店はタンザワ楽器さんなので・・・距離的には20分ぐらいかしら?

10時からスタートらしいので、一度軽く合わせてから各自移動みたいな感じなのかしら?

sponsored link

まぁ何はともあれ、人前で演奏せねばなりません

しかも暗譜でやれって言われたwwwwww
おーいえ。大丈夫かしら。譜面飛ばないかしら・・・・・・。

一番の問題は、どこまで緊張しないか、です。緊張するかしないか、というのは、私の場合は「自信が持てるか持てないか」
だけなんですよね。たとえば、「人前で話すこと」は昔は苦手でしたが、今となっては別にどうってことないのです。
何故どうってことないかというと、その前にみっちり練習して、地盤だけは固めるのです。(当日アドリブ入れまくるけれども。)

ちょっと前にあった昇進発表も、資料みっちり作って発表練習しまくったのは、たぶん自分だけ。
周りの人の空気見て、あ、これならだいじょうぶや、と思ったぐらいですw

同じことなんですよね。口でしゃべるか、楽器でしゃべるかの違いしかないわけで。
なら、自分がやってきたことを信じれれれば、そこまで緊張しないかなぁと期待しています。

多分、たぶんですが、私が知っている限り、他の人がバッファのブーレ(3巻最後)、ヴィヴァルディ a-moll(4巻中盤)
程度で、進みはそこまで変わらない状態の人が多いし、まぁ、言い方悪いですが、完ぺきな演奏が大人でできるはずがないw
なら、他の人の演奏を聴くことができれば、多少は落ち着けるかなーと期待しています。自分、結構完璧主義なところがあるので、勝手にハードルを上げまくっているだけの気がします。
他の人のレベルが高ければきっとテンパることになりますが、キットそうではないと信じてる。ほかの人の演奏聞いたことないけどwww

あ、伴奏料が¥4,000(事前合わせ1,000円当日3,000円)とのこと。
ヴァイオリンは単独で弾ける楽器じゃないから、どうしても伴奏料がかかるのですが、3,000円て安くない?w
当日ピアノの人に渡してねーと言われたけれども、先生にはどうすればいいんだろう。
荷物が多くなりそうなので、当日渡すのもアレだと思ったが、次のレッスンまでは多少時間あるな……。
うーん。商品券……?

気になってセンターに電話してみたら「あんまり渡している人ませんねぇ」と言われもうした。
居ないのか・・・居ないの・・・?まぁいいや。

レッスン時に2回ほどピアノ伴奏をしていただきました

「はじめてのぴあのとのあわせ」(初めてのお使い風)うむ。聞いてみると、やっぱりピアノあるといいなぁ。

しかし、やっぱり合わせは難しいな。 CD源で聞いていたあの出だしと同じ

ぽろんっのあとちょっと待ってスタートなのですが、入りがわからないwwww
先生いわく、ぽろんっから数えて6拍ぐらいでスタートらしい。目の間に譜面おいていいですか?伴奏譜おいていいですか?

また、3拍、4拍、5拍延ばすと微妙に長さが違う延ばしが散在するのですが、それが微妙にわからなくなって
ピアノの音とあってるかも良くわからなくなる微妙な感じ

画像がない。画像がないぞ。初めの重音の部分。4拍延ばして2音スタッカート、で6音重音、6音重音
と続くのですが、ここが自分の認識しているピアノとずれがあるっぽくて、あれ?ずれた?と思ってしまう、などの微妙な齟齬が
あるのです。今日の夜当たり、CD音源で弾いてみようかな。でもあれ、たぶん今のテンポより少し速いんだな・・・・・・。

という感じで四苦八苦して弾いていたのですが、なにより、膝が震えなかったので、ちょっと自信に。
以前なら先生の前で弾こうものなら膝が笑っていたのですが、ピアノあわせの時も結構堂々と弾けていた気がする。

先生からは意外と好評な感じ。音程も悪くなかった、とのこと。
(悪くはない=良くはないと思ってしまいますが、素晴らしい=100点、良い=90点、悪くない=80点ぐらいらしい)

「なかなか悪くないよねー」とか言われております。ピアノの講師の方も素敵な演奏でプゲラ(心の声)とか言ってくださって。

先生からも、1年でここまでできるようになるとは思わなかった、とかなんか持ち上げられているでありますよ?

個人的には進みが遅い気がしていますが、「地盤を固めるという状態を並行して」であれば、
4巻の曲をこのレベルに持っていくには大人の人なら結構なことらしい。エッヘン。自分だと良くわからないけれどもw
自分に自信がもてれば膝が笑わないので、本番も多少はリラックスしながら弾けるといいな。

最後に

残り5分でビブラートの練習ということで、左手を等間隔でにょいーんとやるしぐさを練習させられたでござる。
ビブラート自体は、独学自体になんちゃってビブラートを習得しているので、如何にその癖を出さないようにするかです。
しかしビブラート、小指はどうやってやるんだろう?先生によっては薬指でかけるそうだけども・・・?

しかし先生「大人の方できれいなビブラートできるようになったの2人しかいない」と申された。
60オーバの先生なので、たぶん40年間ぐらいは先生やってるかたで、2名か・・・・・・。プロから見るとやっぱり敷居が高いなぁ。
そういわれると頑張るぜぇぇぇぇ~。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索