るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【ヴァイオリン】はぢめての発表会に行ってまいりました【2018/03/21】

time 2018/03/22

【ヴァイオリン】はぢめての発表会に行ってまいりました【2018/03/21】

人前で単独で演奏するのは初めてであります

独学をやめ、先生に従事して1年という状態にて、バイオリンの発表会に行ってまいりましたですよ。
弾いた曲は鈴木4巻の1曲目の、ザイツ バイオリン協奏曲 第2番 第3楽章

その名も協奏曲。入門的ではありますが、コンツェルトであります。ピアノの伴奏が生きる楽しい曲です。

この曲の難易度的には、5歳ぐらいから開始した子が、小学生低学年ぐらいで弾けるようになる曲であります。

ザイツ2-3でググると、
Seitz violin concert No.2 mov.3 ザイツ バイオリン協奏曲 第2番 第3楽章
小学1年生。初めての発表会。 バイオリン歴1年4か月。

というような動画がありますからね~。子供の成長速度はすごいよねー。

独学時代に頑張って覚えたポジション移動や、ビブラートなどはすべて封印して、この1年、
基礎を叩き直しました。この1年、4巻からで本当に良かったのか、とかいろいろ不安に思った時期もありました。
だって、習い始めて9か月ぐらいまで、先生の前で弾こうするだけで膝が震える状況でしたから。
本当に自分の奏法に自信がなく、先生もピンポイントで曲の弾き方しか伝えてこないもので、とにかく
劣等感というか、自分は駄目なんだ的な思いの方が強かったんです。

sponsored link

当日・朝早くピアノとの合わせを実施

当日の朝に、「いやだわ~渡すのをわすれてたわぁ」とプログラムを頂きました。
私の出番は午前の部15人中8番。まんなか頃でした。

我がバイオリンチームは3名のご様子。

・ 鎌田さん(女性) : バッファのブーレ     ?何回目だろ聞けなかった
・ 北村さん(男性) : ヴィヴァルディ a-moll 4回目の発表会
・ 私    (男性) : ザイツ 2-3        はぢめての発表会

鎌田さんは、他の楽器の経験者らしくて、北村さんいわく、センスがすごいらしいですよ
ちなみに美人さんでした。かわいくてヴァイオリン弾けるとか最高ですね。恨めしい

北村さんは私よりも10歳ぐらい年配の方かなー。非常に私と空気が似ている感じで、
センスよりも努力みたいな感じが伝わる人でした。来年とか、再来年、彼と
バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲
あたりを合わせてみたいなーとかちょっと思ったであります。

そして思ったこと。3人しか出ないの?私のレッスンの後にも男性の人がいた気がするんだけど・・・?あれ?
発表会出る人そんなにいないのかなー?

で、結果的にですけどね、他の人のピアノとの合わせを聞いてちょっと安心できました。
あ、さほど自分の奏力と変わらない人があつまってるなと。そして先生が発表会出ろよ、といった以上
それだけの地盤は固められているのだと、ちょっと自信が持てました。

でも先生。音合わせの時に、ここはもっとこうしたほうがいいよとか、改善点言わないでくださいwww

そんなわけで会場に移動

おう・・・・?なんじゃこの披露宴みたいなテーブルは!!なんか思ってたのと違うwww
もっとこう、なんかギターとか鳴らしそうなバーの一角みたいな場所を想像していたのだけど・・・・?

えっと・・・あれ?ここで演奏するの?なにこのステージ。え?

なんかこう、思ってたの違う。ドラムとかあるぅ?まぁ、プログラム見たら、
P  Vn E Rc   Sax Tp  Oc
おおう。色んな楽器あるのねー。トランペットとかこの会場で吹いていいのかな?wとかいう多国籍具合
E:エレクトーン Rc:リコーダ Oc:オカリナ です

とりあえず、厳かな、優雅な感じで発表会スタート

さて、私の演奏はといいますと・・・

思っていた以上に、落ち着いていられました。
感覚的には、会社の昇進発表と同じぐらい。ちゃんと、地に足がついている感じで、
適度な緊張のはしているが、自然体をわすれない、という状況を作り出せていました。

自分の出番の時に、司会のおぢさまが、「緊張してますかー?」と「キンチョーの蚊取り線香」写真魅せてくるので
「それかけられると死んじゃいますwww」とか返せるぐらいの余裕はあったと思ってください

しかし、写真も動画も取れなかった・・・・。だって、自分前の人が呼ばれ要としたときに
最後に調整をと外に出て、少し弾いていたら「前の人積雪で来れないからすぐ来て」とか呼ばれて
カメラのセットすらできなかったのです。

何はともあれ、私の必殺技、「自分の世界に入る」(ゾーンではないです)が発動できました。
自分の世界に入るというより、周りを一切認識しないだけなんですけどww。
他の人の目線とか一切気にしない。気にしないというより認識しない。プレゼンの時はそれでも周りを見渡すなどの工夫はするのですが、しゃべる瞬間だけは、人の顔は見なかったことに、説明だけに集中するモードです。

つまり、その瞬間だけは、理論上、家で弾いているのと変わらない状態で弾けるということです。
先生の目線すら気にしない。先生の前では控えめにしている体を使うもやってしまうぜwwwの状態です。
つまり開き直って「演奏を楽しむ」ができたわけですよ!!

曲全体としても、2ページ目のこの部分で、一瞬だけ指が滑ったぐらいで、それ以外はいい感じで弾けたと思う!!

いやはや、本当は、膝が震えまくって、音も震えて、指ももつれて、頭が真っ白になることを覚悟していたため、
それに比べたら、初回の発表会としては上々だったんじゃないでしょうか。

わっほーい。 😆 

まぁ、そのあとは家に帰って、買い物に行って、普通に晩御飯作って・・・といつも通りの生活でしたが。
打ち上げ?そんなのなかった。

・・・この感じで行くと、来年はロンドか北村さんがやったamollあたりをやらされそうな感じがするwww
ロンドは重音祭りだからなぁ。。。

ロンドといえば・・・

次のレッスンまでにやにやって来ればいいっすか―?ときいたら、
「ザイツ 5-1はもう良かったと思うから、次の曲(ロンド)をできるところまでさらってきて」

とさらっと言われたでござる。あれ?ザイツ5-1って一応最後まではさらったけどさ、
テンパって弾けてなかったとおもうんだけどいいんですか?

【Violin:レッスン記録】第18回 弾き方を根本見直し中【2017/11/18】

上記のとおり、弾き方を変えている最中だったわけなのですが・・・・。

というより、12月からザイツ2-3の完成度あげるために弾きこみながら、ザイツ5-1も毎日練習していて、
見返せるように頑張ってたんだけど・・・・・・出番がなかった。まぁいいか。次いこう次ー。

そしてロンドは後半重音祭りです。さてさて、ここを乗り切れるか・・・?
昨日ちょっと練習してみましたが、意外と1ページ目はサクサク弾けたので、重音部分を次回に持ち越すことにして
そこまでを次回のレッスンの時に持っていこう。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索