るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【Violin:レッスン2年目】第28回 遂にヴィヴラートを導入【2018/04/21】

time 2018/04/24

【Violin:レッスン2年目】第28回 遂にヴィヴラートを導入【2018/04/21】

なんか、先生4月の第一週に修羅場だったようです。無事で何より。
さらっと、そろそろ定年だからやめようかな?とか言うのやめてくださいませませ。
あと3年はお付き合いいただきたいですよwwww

sponsored link

本日のレッスン概要

12

・ 雑談
・ いつもの(弓ふり+音だし)
・ セヴィシック
・ 音階(変ホ長調)
・ ロンド 2/3(重音の前まで)

雑談~セヴィシック

なんだったかな。なんかよくわからない雑談していたきがする。あ、そうだ。
たんざわさんに発表会の写真が張り出されているとか言われていた。肖像権的なものは!?

セヴィシックは84ぐらいでやらされたであります。個人的には未だもう少し早くてもいいけれど
丁寧に弾こうとしているので、家では60~72ぐらいでやってるであります。
とりあえず、OKでたので次いこう次!

音階練習(変ホ長調)♭三つですね

短調のほうは披露できず。時間の都合上らしいですが、それは雑談していたからじゃないですかね?とか突っ込んじゃ
いけませんですか?
やっぱり微妙な音程のずれに対する突っ込みが厳しくなっている気がするぅ。

ロンド はじめ2/3

相変わらず新しいことやるときは緊張する自分。特に今回はヴィヴラート取り入れたので
独学時代のヴィヴラートが通用するか心配でしたが、意外と何とかなってたみたいです。
しかし緊張でふり幅が小さかった……。

全体的にはまぁ可もなく不可もなく解いう感じでしたが、いくつかの突込みが

1.前回と同様ですが、出だしがはっきりしない
この曲は2/4ですが、出だしの音は、休符の後に始まるので、
いかのような感じで入ります

 

ですので、2拍めの「ウン」で沈んで、裏表紙の「ぱっ」で弾けるようにスタートするのが良いらしい。
この「ウン」の感じ方が下手だと言われ申しているであります。悔しい。

2.間奏の後のなだらかなところ
ヴィヴラートは結構良かったよ、といわれた。家でやっているときのヴィヴラートに比べたら半分ぐらいの出来かな
と思っていたけれども、意外と好評。ただし、音程(特に2の指)がずれていたというご指摘。
うん。自分でもわかってた。注意しよう。

3.16分音符
ドルチェって書いてあったから、なんとなく優雅に弾こうとチャレンジしていたら、
音がへにゃってるって言われたでござる。下手に表現するよりもはっきりと弾けということですなwww

全体的にはそこまででっかい指摘がなかったのはちょっとうれしい。

そして重音祭りに突入するわけですが、実際にはすぐ重音を引くわけじゃないみたいです
たとえば、初めのA線ラとE線ラであれば、A→E → AEという感じで、1音ずつ弾いて重音
1音ずつ弾いて重音と繰り返していくらしいです。しかしこれが意外と難しい。普通に重音弾かせてwww

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索