るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【Violin:レッスン2年目】第42回 音を切ると、止めるは違います【2018/11/02】

time 2018/11/26

【Violin:レッスン2年目】第42回 音を切ると、止めるは違います【2018/11/02】

先週のレッスン内容を今書いているという暴挙。

初っ端から脱線しますが、今更ながらモー娘。を見て、昔のアイドルレベルたっけぇなと
感心していたわけであります。Youtubeで替え歌を見ていて、猛牛娘。とか見たときに
オリジナルってどんなんだっけ?と見たのがきっかけです。

猛牛娘。は、ザ☆ピースの替え歌で、リ☆バウンドとかいう内容でした。

【Before】
HO~ほら行こうぜ(そうだみんな行こうぜ)
さ~ほら歌おうぜ(そうだ みんな歌おうぜ)

【After】
HO~ほら食おうぜ(そうだ. 牛角行こうぜ)
さ~ほら巻こうぜ(サンチュに  肉5枚)

……。うん。

まぁとりあえず、ザ☆ピースの動画みたのですが、ダンス激しいし、
一人ひとり目立ってるし、こう、[プロ」を感じた動画でした……。
今見ると、2000年頃のモー娘。ってすごかったのねぇ。

とりあえず矢口ちっこいwww。ぶかぶかの服着てるからなおちっこい。
145㎝だっけかなぁ。

さて本題

sponsored link

弓振り、セヴィシック、スケール

セヴィシック = ミレドレ こちらはさすがにOK。ちゃんとやりましょう。うむ。
スケール:変ト長調(♭6個) やや音程乱れ。次の変ホ短調と合わせて持っておいで―とのこと。

アーモール

最後まで持っていくところでしたが、最後のページが未だ完全に弾ききれていない状態。
5回に1回ぐらいミスないかなー?ぐらいだったので、まだまだ弾きこみはいる状態です。
で、前回は、ララララ ラソファミ ファーレ のファーレの部分をもうちょっと切って!
と言われて、スタッカー気味に弾いたら、それは違うと怒られたである。

切るのではなく、蹴るように弾け!と言われ申した。つまり、止めるのではなく、弾くような感じで、
弦を震わせるように一気に弓を動かすという感じで弾かなければいけないようだ。
(何気に難しいこと言ってません先生?)

たしかに、3rd pos練習時にも、勢いを持って!!という風に言われていたのはこの布石だったのか……。

同じヴィヴァルディでも、このアーモールと、春とでは弾き方がだいぶ違うように、
右手ひとつで表現変えなければいけないのですよねぇ。奥深い。

そして、困ったことに、じゃぁ勢いをつけて弾いてやるーとするじゃないですか。

右手に結構ほいやぁぁぁと力入れるじゃないですか。
合わせて左手にも力が入るんですよ。弦をグイッと抑えてしまい、指に弦がめり込んでとても痛いww
まぁ、これ自体はしばらくやれば慣れるのかしら。

しかし、勢い持たせながらヴィヴラート聞かせながら、なおかつ強弱もつけろとか、
いろいろと要求されておりますが、ここを乗り越えていきたいですねぇ。

注意されたこと

・出だしのEをもっとはっきり。E→Aは和音だから、きちんと響かせて
・3Posの23の指がいまいち。E線 A ⇒BCの BCが甘め。丁寧に弾いてこい
・sFzの後のEG#Bが強すぎる。もうちょっと押さえて
・最後のページはゆっくりでノーミスで弾けるぐらい弾きこんでね

……。3月に発表会かー。この曲何回弾きこめば満足いく出来になるのかしらねー。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索