るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【Violin:レッスン2年目】第43回 自信のなさはすぐに手に現れる【2018/12/01】

time 2018/12/05

【Violin:レッスン2年目】第43回 自信のなさはすぐに手に現れる【2018/12/01】

発表会の申し込みを次のレッスン時にもってきてね☆と言われたであります。
はぁ。来年の3月かー。あと3ヶ月かー。仕上がるのか?仕上がるのか?

アーモールは、譜面だけでいえばそこまで難しくないのですが、「表現」っていうと
まっこと難しいわけですよ。要は、同じセリフを声優がしゃべるとの
我々がしゃべるのは雲泥の差があるわけで……。私はまだ棒読み状態です。

さて本題

sponsored link

弓振り、セヴィシック、スケール

・・・はやらずに、曲から行きました。

結論

ぐだぐだでしたぁぁぁぁ。

えっとね、レッスン行く前にちょっと練習するじゃないですか。
その段階で、譜面が目に入らないんですよ。
で、うわずるというか、なんかこう、緊張しまくって、指が動かないし、移弦もきれいにできない状態で
なおかつピッチも上がるという状態で、今日は駄目だと確信してレッスンにいきました。

そしてやっぱり駄目でしたぁぁぁぁ。

なんだろうね。ゆっくり地に足つけてやれば少なくても曲にはなるのに、
それすらできないというこの状況。ゆっくり弾こうとしてもゆっくり弾けないというこの意味わからない緊張。

とりあえず、弾いてみて駄目だった点

・ 1ページ目16連符のあとの、3ポジに移動 D-CBAGFE の音が全然だめ。
なんかこう、テンパって3と4の指がくっついてしまっている。音が切れないという状況に
・ 3ページ目、16分連続において、DBAG GBAG(だったかな?)の部分のボウイングというか移弦が致命的

うん。わかってた。心理的には、ミスなく弾けるのは2/5か3/5ぐらいなので
ミスったらどうしようという潜在意識が強く出て、自分を追いつめている状況なんですな。

3ページ目にぐだったときに先生から「笑っちゃうね」と言われたゼベイビー。

とりあえず、次回までは徹底的にテンポ遅く弾いて、各自に音が出せるぐらいにして持っていくことにしましょう。
とりあえず次回まではテンポ42ぐらいで弾いてやるw

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索