るぅもも園営業部-多趣味おやぢの動物事情-

アカビタイムジオウム情報メイン。ペット情報、IT技術や料理等いろんなことを書きまくっています。

【Violin:レッスン2年目】第46回 指をもう少し立てたほうがいいとな【2019/01/19】

time 2019/01/21

うちの社長の奥様がお亡くなりになられました。
社長は今の会社が実質2社目ですが、長年、前の会社の立ち上げに尽力し、そして
6年ぐらい前に、今の会社を独立させた方です。

間違いなく、奥さまの内助の功、というものが大きかったと思います。
社長は現在62歳。私の会社は60人弱の中小ですが、やっと会社が安定化し始めたかな?
という状況で、社長も苦労を掛けた分、もう少しで奥様に恩返しを……ということを考えて
居たんじゃないでしょうか。

やっぱり、憎まれっ子は世をはばかるのでしょうか。
いいひとほど、早逝してしまうものなのでしょうかね。

我々が社長にできることはあまりありませんが、少しでも貢献できるように頑張ろう。

さて、本題

発表会まであと2ヶ月となりました。自分の中ではまだまだ満足はできていないのですが
若干中だるみ中。

通して弾くのは問題ないのですが、やっぱりじっと見られて弾くと手が震えるであります。

今回の指摘点は大きく分けて3つ

・弓の位置がおかしい
 → なんかこう、指板の上ぐらいまで弓がこんにちわしているらしい。
   そりゃいい音出ませんぜぇと言われたでござる
・もっと元弓使って
 → もうちょっとダイナミックにつかっていいよ
・音程もうちょっとね

相変わらず2ページ目の初めの、レードシラソファミが安定しない。というより、完全に手が震えて
失敗する気満々で弾いてるからそりゃ安定しないですよね。
毎日ここだけ15分間ぐらい弾き続けてみよう。
ここでもうちょっと指の角度高い方がいいね、と言われたので、指の形をいしきして練習してみよう。

そして出だしのアウフタクト。ここは2音目のラにつなげるために、切らずに引っ張って弾くとのこと。
タァッ タタタタタ ではなく タぁタタタタタ となる感じで(わからん!!)

後は全般的に、2の指が若干甘いのは未だ否めないので、そこを注意して練習と。

とりあえず、ここ2週間は、ボウイングの位置。元弓を使うを意識しながら、
徹底的に「レードシラソファミ」を練習!!ですな。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ペット

雑記

ランキング

amazon

このブログを書いている人

葉月 要

葉月 要

SE歴13年。 Webでもクラサバでもなんでもござれのオールラウンダー。 Java、C#、ExcelVBA等の言語から、DynamicsCRM、Salesfroceなども手掛ける。 洞察、検証から最適解を探そうとする合理主義的かつ動物好き 文章作成や技術相談などがありましたらクラウドワークス等でお受けいたします。 連絡はこちらまでkaname_connect☆rulumomo.ddo.jp



sponsored link

検索